導入事例戸田市立学校給食センター

オール電化の学校給食センター

2011年10月埼玉県戸田市立学校給食センターがリニューアルオープンした。調理能力は6000食。オール電化厨房としては全国最大級の規模。厨房設備全体の設計・施工をフジマックが担当。調理能力、衛生環境など高度な要望に細心の注意を払い対応した。

回転釜(上):煮物、汁物
和え物釜(上右):加熱後真空冷却器へ、戻して和える
コンビオーブン(上左):蒸し物、焼き物調理
コンベア式連続フライヤー(左):揚げ物
作業区域に入る前に洗浄済みのクツ、作業着に着替え、手洗い、エアシャワーを浴びる。(下)

センター内は外気や外から来たものに触れる「汚染区域」と調理を行う「非汚染区域」に完璧に分離。調理エリアは、「上処理」「加熱調理(揚・焼・蒸・煮・和え)」「コンテナ積載」に区別。床はすべてドライ方式。

洗浄ラインは、食缶、トレイ、食器、コンテナ、小物類で区別。
上洗浄と下洗浄、汚染区域と非汚染区域がはっきり分かれていて、導線が交差することなく衛生的。洗浄・乾燥された食器などは非汚染区域で保管。

戸田市立学校給食センター

給食施設の無い市内公立校の小学校3校、中学校6校、 計約5400食を供給する。センターを計画中の自治体の 見本的存在。建物はバリアフリー設計で見学者にも優しい構造。 10kWの太陽光発電装置も完備。

埼玉県戸田市新曽南4‐3‐45
Tel.048-442-5065
・敷 地:3543㎡  建 物:1871㎡
・給食開始:平成23年10月17日
・調理能力:6000食/日 税別)
・小学校3校 約1900食
・中学校6校 約3500食