導入事例クッチーナアミカ (Cucina Amica)

「コンディショニング料理」とバリオクッキングセンター、コンビオーブン

料理研究家の星川香奈子氏がオーナーのコンディショニング料理のお店「クッチーナアミカ」が、2017年12月1日、東京・茅場町にオープン。星川氏がこれまでの経験で積み上げてきた「ハッピー・レシピ」をもとにメニューが展開。女性スタッフばかりの厨房でバリオクッキングセンターとコンビオーブンが大活躍している。

女性だけの、フラットでオープンなキッチン

●手羽先と大根の煮物やキノコのマリネなど、バリオの特長である立ち上がりの早さ・均一な加熱、真空調理の1℃単位の温度コントロールが特に役立っている。
●ローストポーク&チキン、シャケのカマ焼き、流し缶での玉子焼きなど、他には無いコンビオーブンのムラのない均一な加熱がその品質を安定させている。
●フジマックの真空包装機を使って、さまざまな料理を真空調理。提供メニューの豊富さが伺える。

両機器導入のいきさつは、星川氏に展示会での実演を見ていただき、「クッキングライブ」で体験して気に入っていただいたことから。「コンビオーブン(スチコン)を入れるのは決めていたが、開店のコンセプトである”女性だけのオープンなキッチン”には、鍋の数が減り、寸胴鍋など重いものを持たなくても良くなるバリオクッキングセンターは最適だった」と語る。 「コンディショニング料理」とは、心身を整える、リセットする、リフレッシュするといった自分自身をいたわり、ねぎらうためにいただく料理。食材の組み合わせを重視し、けれども難しくなく、気軽に美味しいものがいただけるように配慮されている。

お客様との対話を重視、星川流おもてなし

明るく開放的な店内。壁面の「暖炉の炎」が食事をする人の気持ちも暖かくしてくれる。
キッチンと客席との仕切りは低いカウンターのみ、お客様との対話を重視している。時にはメニューに無くても、お客様の好みでアレンジも受けていただける。

「料理は愛情」。素材の美味しさを大切に、ご来店いただく方に「今日も美味しかった」と言っていただけるお料理を心を込めて作っている、と星川氏。 星川氏は、お料理教室「クッチーナアミカ」も主宰、口コミや紹介を通じて生徒が増加、毎回定員を超えるほどの人気を博している。

主要機器

バリオクッキングセンター
FVCC112T

詳細はこちら

コンビオーブン
FSCCXS2/3E

詳細はこちら

真空包装機
MAX-DD

詳細はこちら

アンダーカウンター洗浄機
UM(C) 

詳細はこちら

「クッチーナアミカ」の厨房は全面的にフジマックが施工させていただいた。フジマックの厨房機器は、使い勝手に細かなところまで心配りがされている、と星川氏。真空包装機のパック後に袋の余った部分が切り取れる(清潔)、コンビオーブンの自動洗浄の気持ちよさ(少手間)、バリオの自動給水・オートリフト・簡単洗浄(負担軽減)など、これらの自動化は女性だけの厨房には更なる貢献をしている。

クッチーナアミカCucina Amica

地下鉄日比谷線・東西線茅場町駅から徒歩5分、
永代通り沿い、秩父ビルディング1Fにあるお店。

東京都中央区新川1-8-6 秩父ビル1F
Tel.03-6222-8334
・月~金 10:00~22:30 ( L.O.22:00 )
         土 10:00~22:00 ( L.O.21:30 )
         日曜・祝祭日 定休日
・34席(カウンター8席、テーブル26席)
   テラス席8席

http://cucinaamica.com