ライスプロ

計量~洗米~水加減~炊飯~釜移動までを全自動で行う立体炊飯機。白米の他、炊き込みご飯、お粥、軟飯まで対応。予約炊飯で作業の効率化、計画化、負担軽減に。ガス式・電気式があります。

全自動立体炊飯機の仕組み

立体炊飯器・サイロ・洗米装置・搬送装置

炊飯を行う「立体炊飯器」(左側仕様、右側仕様、左右仕様)、「貯米サイロ」、サイロから一時貯米し計量・洗米する「洗米装置」、「搬送装置」は設定どおりの一連の動きを自動で行います。

◎仕組み
(右から)右立体炊飯器、洗米装置・搬送装置、左立体炊飯器、サイロ(貯米庫)

◎立体炊飯器(ガス式、電気式)
3段の立体炊飯器を左右に装置して6釜仕様で。また左右いずれかに片側設置の3釜仕様も可能です。

◎全自動炊飯の流れ
釜を炊飯器にセット、
1.炊飯予約時刻に合わせて洗米装置に自動で移動。
2.洗米し給水。
3.釜は自動で元の段に戻り、予約時刻に合わせ浸漬・炊飯開始。蒸らし終了ブザー。
4.炊飯終了後は釜を指定して取り出します。

◎搬送装置(釜移動)
釜は、洗米装置への移動、各段の炊飯器への移動、炊飯終了後は取り出し位置までの移動・・・と全自動で搬送されます。取り出し位置には、コロが付いているので重い釜を持ち上げることなく楽に作業が行えます。

集中コントロールパネル

対話形式のカンタン操作

炊飯の設定は「炊飯」同時炊飯/順次炊飯を選択→「種類」白飯/お粥/炊き込み/軟飯を選択→「炊飯量」炊飯量を選択→「水加減」水加減を設定→「浸し」お米の浸し時間を設定 この工程を炊飯する釜の数だけ設定します。

◎炊飯状態パネル
各段の炊飯器の釜のセット状態から炊飯終了までの状況を確認できます。炊飯終了後の釜の取り出しを操作します。

◎炊飯設定パネル
各釜の炊飯設定をキー操作で行います。各釜同時に炊き上がる「同時炊飯」、各釜順次に炊き上がる「順次炊飯」のいずれかを選び、炊飯の種類、炊飯量などを設定していきます。 

◎予約炊飯
4日先まで1分単位で予約設定できます。

◎同時炊飯と順次炊飯
同時炊飯は、各釜が同時に炊飯終了する予約炊飯。順次炊飯は、各釜が7.5分ごとに炊飯終了する予約炊飯。

モデル一覧

  • FRCP42C ガス式

  • FRCP36EC 電気式

  • FRBP160(サイロ)