厨房管理システム「キッチンリンク」

フジマック厨房管理システム「キッチンリンク」は、厨房の温度をデータ管理し、自動的に記録するシステムです。
各室の温度・湿度、機器の温度管理、食材の入荷から提供までの温度管理、データの自動記録。厨房環境をパソコンで一元管理できます。

HACCPに基づく、安心・安全な食事を提供するための徹底した温度管理

HACCPに基づく大量調理施設衛生管理マニュアルに準じた温度管理マニュアルでは、「加熱調理時直ちに提供される食品以外の食品は、病原菌の増殖を抑制するために、10℃以下または65℃以上で管理しなければない」と決められています。食材の検収時、保存時、加熱調理時で適正な温度管理が必要です。

◎各室の温度・湿度、機器の温度を管理
厨房内の各室に設置したセンサーと、各種機器のセンサーを管理パソコンにつなぎ、各室の温度と湿度、機器の温度データや状態を管理します。
異常が発生した場合は、機器や各室の情報を赤色点滅で表示します。

◎食材の入荷から提供までの温度管理
検収時の食材の表面温度や加熱調理時の食材の芯温を計測してデータ管理します。

■ハンディターミナル → 食材の受け入れから調理・保管までバーコードで一元管理
■放射温度計 → 食材の検収時および下処理時の表面温度を計測して記録
■芯温計 → 加熱調理中から盛付け時・再加熱時の食材の中心温度を計測して記録

食の安全と記録の自動化

◎厨房や食材の温度データを全て自動記録
管理されたデータはパソコンで一元管理。自動で計測された記録はわかりやすく数値やグラフで表示します。

◎日報や月報を自動で作成・保存
 機器や各室の過去の温・湿度データと日報・月報を表示します。

◎温度、湿度の推移を表示
 期間を指定すると、その間の推移を一見できるグラフを表示します。

◎警報値を細かく設定
 機器、各室ごとに警報値を設定しておくことができます。

inside.jpg

初期設定は、お客様の厨房環境や管理内容の事情に合わせて、フジマックが責任を持って行いますので、

安心して導入して頂けます。