ページ内を移動するためのリンクです

駐在員レポート

様々な面で桁違いの中国、上海で体感してみませんか

レポータープロフィール

市川 勝利(Katsutoshi Ichikawa)
福喜瑪克貿易 (上海) 有限公司 (FUJIMAK SHANGHAI CORPORATION)
福喜瑪克貿易 (上海) 有限公司(FUJIMAK SHANGHAI CORPORATION) 2003年設立
1989年  4月~1997年  3月 東京事業部 配属
1997年  4月~1999年  4月 海外事業部 勤務
1999年  5月~2003年10月 グァム現地法人 勤務
2003年11月~2008年10月 海外事業部 勤務
2008年11月~2010年12月 上海現地法人 勤務
2011年  1月~2018年12月 海外事業部 勤務
2019年  1月~上海現地法人 勤務

更新日:2021年06月30日

都市概要紹介

上海は北京・天津・重慶と同様に中国の直轄市であり、人口2,400万人を超える、中国最大の経済都市です。市内の地下鉄は、1月に15号線が開通し、現在18路線が運行しており総延長742kmにも及びます。現在もなお拡張工事が進められており、主要交通手段となっています。また、国際線主要の浦東空港と国内線主要の虹橋空港を結ぶ高速鉄道の計画も進められています。
中国全土でも高速道路や高速鉄道、空港などインフラ整備が進み、中国国内の主要都市への移動が容易になり、都市間の交流がより活発になってきています。

上海都心の様子

上海都心の様子

飲食ビジネス動向

米国のファストフードはもちろんのこと、日本料理・韓国料理・タイ料理と様々な国の料理が楽しめます。中華料理だけでも広東料理・四川料理・東北料理・上海料理・火鍋など数えきれないほどの料理があり、食通の方にはたまらない都市ではないでしょうか。
私は今回で2回目の上海赴任になりますが、1度目の10年前と比べて、環境整備が進んだこともあり、駅前で串焼を焼いていたり、夜間に中華鍋を振っていた屋台も見受けられなくなりました。また住宅の1階などの路面店も少なくなり、最近はショッピングモールに飲食店が集中するような傾向になってきています。

日系外食、食品のトレンド

上海には、寿司・天ぷら・うどん・とんかつなど様々な日本料理店が数多くあります。その中で人気があるのが、食べ飲み放題の日本料理店です。コロナ渦をいち早く抜け出したと言われている中国では、飲食店での制限もなく、海外旅行ができない人の疑似体験的な要素もあるかも知れません。
料金はおよそ6千円前後で、ちょっと高めと思われるかもしれませんが、日本のような時間制限がないので、この時とばかりに好きな食材をたくさん食べればお得感があります。
メニューは現地の方の好みに合わせて海老や蟹の甲殻類が多く、刺身は人気のサーモンがメインで、寿司、天ぷらと豊富です。羊肉のステーキ等もあり、海外ならではの和食店であり、中式和食店と言えるのではないでしょうか。

海老や蟹の甲殻類が人気

海老や蟹の甲殻類が人気

刺身はサーモンが人気

刺身はサーモンが人気

事業紹介

フジマック 上海法人は2003年に販売会社、2004年に工場を設立。2008年に北京に営業所を開設しております。上海事務所にはショールームも併設しておりますので、実際にお使いいただき調理テストも可能でございます。
当地でも厨房設計・現場施工・保守メンテナンスの一貫サービスを提供しております。
中国で飲食ビジネス進出等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

上海法人では最新機種の実演展示も行っています

上海事務所には最新機種の実演展示がございます。
ぜひ当地食材での調理をお試しください。

最新レポート

もっと見る

ページの終わりです